対応可能な内容(相談事項)

セッション(霊査)は、オーラ透視、守護霊との通信など、スピリチュアルな手段を用いて進めていきます。

しかし、霊能は完全ではなく把握できることに限りがあります。私個人の得意分野と苦手分野もありますので、どのようなことにもズバリ回答とはいかないことを、ご理解の上で、お申込をお願いします。

リーディングで対応可能な内容は、以下のとおりです。「1行だけで可能な相談事項」と「10行以上の文章にまとめていただく相談事項」とがあります。

 

◎印、「オーラの色」「オーラの色以外のこと」「守護霊について」の3つは、その一行だけを相談事項としてお書きください。

◆印、人間関係より下の項目については、ひとつにつき、10~20行程度(文字数にすると300~500程度)の文章として相談事項をまとめてください。霊視鑑定なので、長々とした詳細はいりませんが、どのようなことに回答すればいいかの範囲を指定していただく必要があります。

◎オーラの色

性格や性質をあらわす「頭の上にあらわれる、オーラの色」について、詳しい解説付きでお伝えします。オーラの色(としてあらわれる性質)を知ることは、自分自身を分析することにもなるので役立つでしょう。

◎オーラの色以外の要素(大きさ、形状など)

オーラには、色以外からもわかることがいろいろあります。オーラの大きさには、存在感や影響力の大きさなどがあらわれますし、頭の周囲のオーラには内面的なことや、霊的な性質等があらわれます。

自分が影響を与える力の大きさ、または、自分が影響をうけやすいかどうか等、大きさ、形状、質感などの特徴をお伝えします。

◎守護霊について

すべての人には、人生の学びを導く守護霊という存在がいらっしゃいます。守護霊と交信をとり、ご相談者様へのメッセージをお伝えします。

守護霊は複数いらっしゃいますが、そのうちのお一人からのメッセージです。「守護霊があなたに伝えたいこと」を、一方的にお伝えする形になります。このことについて伝えてほしいという、内容の指定はできませんので、ご了承ください。

 

★ ★ ★

 

◆人間関係

家族との関係、友人や知人との関係、仕事上の人間関係などで、特定の相手が関連するご相談の場合は、相手の写真があるのが一番望ましいです。ご用意できるなら、多少撮影時期が古くてもお送りいただくと、お伝えできる範囲が広がります。特定の相手が存在しない、全般的なこと(たとえば、自分の人付き合いの仕方について等)も、ご相談事項として承ることが可能です。

◆会社、仕事に関すること

現時点での仕事に関することや、これからはじめる仕事についてなど、幅広く承っています。仕事に関するどのようなことが相談内容となるのかをお書きください。転職をご検討の場合は、同業他社への転職なのか、まったく違う業種へチャレンジしたいのか、検討している分野や業種が複数ある場合は、それらも記載してください。

◆自分の性格や性質

ご自分の性格や性質について不安がある、特定の依存症があるのではと心配、自己表現ができない、何をしたらいいのかわからない、自分の性質をさらにのばすためにはどうすればいいか知りたい等、内面に関することのご相談は、幅広く対応が可能です。

どのようなことが不安なのか、または、実際のできごととしてうまくいかなかったことなど、一例として書いていただくとスムーズです。

◆人生全般についての迷い

長い人生の中で、ときに、自分が今いる場所や状況がわからなくなってしまうことがあります。そういうときには、現実的な視点から少し離れて、スピリチュアルな視点で考えていくことが役立つことも多いです。

このことは文章にまとめるのが難しいかもしれませんが、いつ頃から迷いがでてきているか、具体的に迷っている事柄があるのかないのか等、可能な範囲で文章にまとめていただければと思います。

◆スピリチュアルな事象

自分や家族に、目に見えないエネルギーや、霊的な悪影響があるのではないかと心配である、スピリチュアリズムについての質問、不思議な現象についての解説がほしい、経験したことに、霊的な要素が関連しているのかそうでないのかを知りたい、自分に備わっているセンスを伸ばすためにはどうしたらよいか等、どのような件についてのご相談なのかをお書きください。

◆その他

上記以外のことも、基本的には「対応が難しい内容」以外のことは幅広く承ります。お考えになっていることが、リーディング可能となるかわからないことがあれば、事前にいつでもお問い合せください。

タイトルとURLをコピーしました