サイトの説明。

オーラに関心がある方に向けた、会員サイトです。

このサイトは、ブログ「スピリチュアルティーチング」の管理人であるリカコが主催する、会員向けのサイトです。

ここだけでお伝えするオーラの話、世の中のものごとをエネルギー的に考察した、いろいろな話題をとりあげていきます。

* * *

ブログ「スピリチュアルティーチング」は、キーワードを検索して辿り着き、ご覧いただく方が多いようです。スピリチュアルについて深く知りたい方もいれば、特定の関心がある事柄だけを知りたい方など、読者層は幅広いです。

そのことを考慮してブログの内容を構成しているので、どうしてても「一般的な事柄」「幅広い題材」を扱うこととなり、私としては少々「書き足りない」という気分になることもありました。

そういうことを、半年から一年くらい考えていて、この「会員向けサイト」をつくることを思いつきました。

オーラについて深い関心を持つ方に向けて、「他では書かないオーラの話」をここでお伝えしていきます。

サイトの目的。

このサイトを運営していく目的はいくつかあります。

まずは、オーラについて「関心をもっていただくこと」です。スピリチュアルなことへの関心の入口として、最適だと思っています。

次に、オーラについての「理解を深めていただくこと」です。知識として理解すると、わかることが増えていきます。

わかったこと、身につけたことを、いろいろな形で、ご自身の人生の中にいかしていただければ。

十数年前の、スピリチュアルブームを牽引したのは、「オーラの泉」という番組の力が大きかったと思います。

番組内でとりあげられる具体的な解説で、多くの人がスピリチュアルへの関心を深めることとなりました。

スピリチュアルという形がないものを説明するにあたり、あのように具体的な事柄を語る構成にしたことで、イメージしやすくわかりやすいものとして受けとめられ、その後のブームに繋がったと考えます。

このサイトも、そういうところを目指しています。

わかりやすいもの、イメージがつきやすいものから関心をもち、そのことを、ご自身の成長につなげていき、自分という存在の素晴らしさに気づいていかれることの一助となればという思いで、書いていきたいと思います。

運営方法。

このサイト内の記事を書くのは、私ひとりとなります。

参加される皆さまは、オーラについて説明している記事に、コメント欄をつかって、ご意見やご感想をいただいたり、ときどき「オーラに関する問題」を出したりしますので、そちらに回答をいただいたりしながら、

楽しく学ぶ環境をつくっていきたいです(^o^)。

ですが、もちろん、記事をご覧になるだけという形でも結構です。

ご自身のペースで、お伝えすることを役立てていただればと思います。

このような方にお勧めします。

  • オーラについて、エネルギーについて、より深い知識をつけたい方
  • オーラ透視についての、具体的な事例を読んでみたい方
  • オーラを見たり、感じたりのセンスを磨きたい方
  • オーラの把握の仕方を、知りたい方
  • スピリチュアルな仕事をしたい方、既にそのお仕事についている方(基礎知識をもっておくことは、すべての理解を底上げします)。

サイト内の題材は、以下のとおりです。

世の中のいろいろな出来事や、人物や、品物について、主にオーラやエネルギーの観点から考察したことをまとめていきます。

具体的には・・・

土地のオーラ、地域のオーラ、ときには、神社のオーラなんかも取り上げてみたいです。

私は、人以外のオーラや波長を把握することが、わりと得意であるようです。その場に行かなくても、情報や、媒体となるものが少しあれば、把握することができるので、全国各地についてオーラ的な解釈をしてみたいと思います

野菜のオーラを、見分けたり、感じ分けたりするためのコツをお伝えします。

野菜のオーラは、それぞれの種類の違いがわかりやすく、オーラの色を見分ける練習に適しています(ということに、最近になって気づきました)。楽しく練習をしていきます。

世の中の出来事について、エネルギー(波長)をとらえて説明します。あの出来事は、エネルギー的な解釈からするとこんなふう、というスピリチュアルな観点からの考察です。

テレビに出ている、有名人のオーラについても、ときどきとりあげます。私は、スポーツを見るのが(テレビ専門ですが)好きなので、スポーツ選手の割合が高くなりそう?です。

関心をお持ちになった方は、ぜひご参加ください。

参加をご希望の方へ
会員向けの有料サイトです。ご参加いただけるのは、これまでに「私のリーディングセッションをご利用いただいたことがある方」が対象となります。 ...

よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました